LOGOS for web

イエロウ
2009Dorothy

 僕は夢から不快感を持ち出してきてしまったのだろうか。無意識の海から急浮上した意識が最初に知覚したのは、汗ばんだ背中に張り付いたTシャツ。
 薄く目を開けると、カーテンの隙間から差す板状の光帯の中で、微細な埃が気流に泳いでいた。乾いた目を何度か瞬くと、焦点が合わず二重になった滲んだ天井の木目が、重なったり離れたりする。空気が停滞して、時間が止まっている様だ。

 ふと違和感を感じた。

 目を瞑ってその正体を探る。痛みでも熱でもない、痒みに似た、切れかけの麻酔の中途半端な麻痺の様な気配を腹の辺りに感じて、唐突に目を見開いて起き上がりTシャツを捲り上げる。
 僕の目に入ったのは、臍の横、赤みを帯びた一本の『切れ目』。その赤い切れ目の縁はうっすら盛り上がっていて、一見ただのミミズ腫れだ。
 傷の両端の皮膚をつまむ様に、二本の指にそっと力を入れると、パカリと傷口が開けピンクの粘膜が見えた。思いの外、傷が深い事に驚いた僕は、じんわりと汗をかき始めた手が滑らない様に注意しながらそれを仔細に観察した。
 背中を折り曲げ腹に顔を近づける。首の後ろの筋肉を微かに痙攣させながら覗き込むと、奥の方に黄色の粘膜みたいな何かがちらりと小さく光を反射させた。
 (何だろう?)
 その瞬間力の入った指は薄く腫れた皮膚の表面を滑り、傷口はぴったりと閉じてしまった。

 一気に力を抜き仰向けにシーツに倒れ込む。無理な姿勢をしていたせいか、背中と首がじんじんした。
 頭が呆けて何が何だか把握出来ない。
 血も出ていない、痛みも感じられないのに、深い切れ込みが腹に入っているのだ。怪我をした覚えもない。
 夢かも知れないと願望的な考えがふっと浮かんだが、ちらりと見えた黄色い何かを思い出し、得体の知れない気分に襲われた。あれは膿か脂肪だろうか? いや違う、質感がそう云うものとは異なっている。
 僕は目を閉じて、目蓋に映る極彩色の光の動きに集中した。呼吸と共にこめかみの血管に血が送り込まれるのがはっきり判る。動悸はいやに定期的で、まるで誰かの心臓が自分の体の中で正確に機能している様な錯覚。
 もう一度のろのろと上体を起こし、先程と同じ様に傷の中身を覗き見ると、呼吸に上下する腹と一緒に内部の異物もゆっくりと動いていた。じっと見るがやはりリンパ液や脂肪等の自分の分泌物ではない。
 くるり、
 とそれが傷口の中で回転して僕は息が止まった。
 その薄い黄色で半透明な表面に小さな突起物が一定の間隔で並んでいたのだ。


2へ
BBSに感想を書く
back