LOGOS for web

陽葬
2005Dorothy
ソラミミ第二号 掲載作品

   電話

 電話が鳴っている。
 店内は暗い。照度を落としたちゃちなシャンデリアが、狭苦しさを覆い隠す壁一面の鏡に映っている。
 電話がジリジリと鳴っている。
 身体を起こして凝った首を左右に倒す。酒を飲んでいていつの間にか眠ってしまったようだ。このバーには窓が無いので、時間が全く判らない。
 しつこくベルが鳴り響く。ふらふらと立ち上がりその音源を探す。カウンタの上に時代錯誤なダイヤル式の黒電話を見つけ、受話器を耳に当てた。

   女

「もしもしヨウ?さっきから携帯にかけてたんだけど出ないんだもん。まだ店にいたの?いつ帰って来るの?もう十時過ぎてるよ。あたし寝てないんだから」
 女が早口にまくしたてる。十時とは午前だろうか、午後だろうか。ここが飲み屋である事を考えれば、多分午前だろう。
 周囲を見回して時計を探すが暗くて良く判らない。電話の横に置かれた金魚鉢に目が留まった。
「もしもし聞いてる?もうお店閉めたんでしょう?早く帰って来てよ」
 金魚鉢には色とりどりのビー玉と一匹の金魚。金魚は動かない。眼を開けたまま水中でじっとしている。眠っているのだろうか。
「どうして何も云わないの?」
 こんなところで飼われると、金魚も夜行性になるんだろうか。魚は夢を見るのか。この小さな脳は、視覚情報をどう処理しているのだろうか。
「ちょっとヨウ!」
 高い声に思わず顔をしかめ、受話器を置いた。

   違和感

 喉の渇きを感じ、水を飲もうとカウンタの内側に回ると、そこに男が倒れていた。
 ヨウが倒れていた。
 狭いカウンタ内で、うつ伏せになっているヨウの横に立つ。顔は向こう側を向いて見えない。何だってこんなところで寝てるんだ。
「おい…」
 足で脇を小突いてみるが反応が無い。
「ヨウ…女から電話があったよ」
 今度は少し強めに蹴ってみるが、やはり何も反応しない。
 取り敢えず、さっき自分が眠っていたボックス席のソファに移してやろうと、ヨウを仰向けにさせる。暗い照明でも判るほど顔が白い。
 違和感を感じながら両脇に手を入れ上体を持ち上げると、何だかぐにゃりとしていた。
 そう云えばヨウは息をしていなかった。
 水中のような圧迫感を感じる。
 ヨウの寝息を確かめようと息を止めて待った。じっと待った。しかし聴こえるのは、だんだん大きくなるこめかみの脈と、酸素を欲しがる自分の心臓の鼓動だけだ。
 ヨウは息をしていない!
 苦しくなって急に空気を吸い込むと咳が出た。乾いた喉がひゅうひゅう鳴った。ヨウが息をしていない。やっとそれを正しく認識した脳は、リアルを失った。


2へ
BBSに感想を書く
back