LOGOS for web

陽葬
   魚の夢

 移動による対流、カルキの風。
 それに伴い水面の光がゆらゆら揺れている。
 歪曲する外界。
 夢も現実も本能の前には同じ事。
 それにしてもこのカルキの匂いがひどい。
 ガラス玉達も沈黙する。
 鼻先がガラスの壁に当たった。
 向こう側から魚がじっとこちらを見ている。
 背骨が曲がった魚がじっとこちらを見ている。
「狭い場所で育ったから、体が大きくなれずに骨が曲がっちまったよ」
 そうか、痛くないのか?
「それは判らない。君は痛いのか?」
 こいつは何を云ってるんだ。
「俺達は生かされているに過ぎないんだよ」
 魚のくせに生意気な奴だ。
 大きな手が眼前に迫る。
 それを見ているだけ。

   真夜中の死

 片手でヨウの上半身を支えながら、彼の真っ白な頬を触ってみた。疲労を感じる弾力の無い肌。そして血の巡りの止まったひんやりと冷たい肌。
 彼の人格も機能も、既に失われてしまった。ヨウが失われてしまったのだ。
 もう一度彼の両脇に手を入れ持ち上げると、そのままカウンタから引きずり出した。肘に何かが当たり、床で何かが割れる音がした。
 店のひとつしかないドアまで引きずって行き、その重たいドアを何とか足で開けると、フロアは真っ暗で、光を無くしたさまざまな看板が空しく浮かび上がっていた。
 中央の吹き抜けから一階の床が見える。タイル張りの床の幾何学模様は笑っているようだった。上階を見上げると、どのフロアも真っ暗で、このビル全体が真夜中に取り残されているようだった。

   階段

 階段を上る。ヨウだったものを引きずって、後ろ向きに一段ずつ上っていく。一段上がる度、彼の首がかくんと揺れた。
 華奢に見えるヨウの身体はすぐに重くなった。腕は痺れて、やがて痛くなった。
 血の通う僕の腕。
 階段の角に擦れ、停滞した血が僅かに滲むヨウの手。
 喉を鳴らし酸素を求める僕の肺。
 もう拡がらないヨウの肺。
 踊り場を曲がりきった時、ヨウのスーツのポケットから携帯電話が滑り落ちた。拾うついでに、床に座り込む。
 ヨウの顔を覗き込むと、香水とは違う微かな甘い匂いがした。甘いような饐えたような、不思議な匂いがした。
 死臭だ。
 こみ上げる吐き気を踊り場の隅に吐き出す。殆ど水しか出てこなかった。おそらく酒と胃液だろう。
 涙が出た。暫く止まらなかった。
 少し落ち着いたところで、再びヨウを抱えて階段を上る。
 汗がヨウの頬に落ち、涙のように見えなくもなかった。ヨウが泣いていると思う自分が滑稽に思えて、ちょっと笑えた。


3へ
BBSに感想を書く
back