LOGOS for web

愛を売る女
1999木戸隆行
個展「LOVE CRAZY Installation」展示作品

 この町に、愛を売る女がいる。名前はジーン。浅黒い肌と艶やかな黒髪、なにより、形容しがたいとされる美しい肢体は噂に名高い。それだけならよくある話だが、彼女の特異なところは愛を売るというところにある。
 一口に愛と言っても博愛から性愛まで多種あるが、ジーンの売る愛というのは性愛に限らない、恋愛対象に向けられる全ての愛のことらしい。
 一般に、コールガールからは性愛しか買えない。彼女たちは他の愛を売ることを巧みに避けることで、私的恋愛の可能性を保とうとする。だが、ジーンはそれを売ると言う。
 私は興味を持った。いや、正確には、疑いを持った。そして実際に彼女に接触してみることにした。
 ホテルの一室で待つこと二十分。ベルが鳴ってドアを開くと、彼女は噂通りの、いや息を飲む美しさで、気高い眼差しで、そこに立っていた。
「いくらの愛にする?」
「……金は余計に払う。取材をさせて欲しい」
 ジーンは背を向けた。「私は取材されるために来たんじゃないわ」
「待ってくれ」私はジーンの手をつかまえた。「愛し合いたいんだ。だから、私は君のことを知りたい、自然なことだろう?」
 私はジーンの手に二十万握らせた。しばらく沈黙があった後、リビングのチェアーに互いに腰かけ、私は早速彼女に問いをぶつけた。

 相場は?
「そうね……最近は……だいたい、一晩4、50ってとこ。でも10万以下は断わってる。愛せないから」
 愛を売るというのは本当?
「からかってるの?」
 愛とは売れるもの?
「売れる。だってこうして現に、私は愛を売っているもの。それを愛じゃないって言う人もいる。でもこれが愛じゃなきゃ、なんなの?私は紛れもなく、愛を売ってるわ」
 愛とは?
「愛は愛よ。愛は愛以外じゃない」
 愛を売ることに抵抗はない?
「ない。愛ってこの世の中でいちばん価値のあるものでしょ?だから、いちばん売らなくちゃいけないものだと思う」
 一番価値があるから売ってはならないものだとは思わない?
「思わない。いちばん価値のあるものこそ、売るべきものだと思う。私にとってそれは愛」
 どんな人でも愛せる?
「愛せる。私はプロよ?」
 値段によって愛を変える?
「もちろん。100万なら100万なりに愛すし、200万なら倍だけ愛すわ」
 愛することに、倍とかそのような強度がありえる?
「ないって言うの?」
 じゃあ具体的に、百万と二百万とではどう違う?
「気持ち(笑)。じゃあ聞くけど、具体的な愛ってどんなもの?体位とか?贈り物の値段とか?」
 今までの最高額は?
「1000万」
 その人にはどんな愛し方をした?



2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back