LOGOS for web

行くな
1999木戸隆行
プロジェクト「LOVE CRAZY-vol.1-」掲載作品

「行くな」
 僕がそう言うと、ナミはスカーフを巻きながら笑った。
「なに言ってるの」
 身仕度をするナミの向こうで、窓が朝靄に煙っている。
「仕事に行くのよ?」
 そう言って、ナミは鏡でもう一度化粧をチェックした。僕はベッドで寝転びながらタバコを蒸かしていた。
「仕事に、行くな」
「ふふ……子供みたい」ナミは口紅を指でなぞると、バッグを持って僕のそばに来て座った。「かわいいリョウちゃん、ママはね、お仕事に行かなくちゃいけないの。だから、いい子でお留守番しててね?」
「どうして?どうして行かなくちゃいけないの?」
「どうして?……どうしてって……ママもリョウちゃんもご飯を食べなくちゃいけないでしょう?ご飯を食べるには、お仕事してお金をもらわなくちゃいけないの。だから、ママはお仕事に行かなくちゃいけないのよ」
「ウソだ」
「ウソ?」ナミは優しく驚いた顔をした。
「うん、ウソだ。ほんとはママ、僕よりも仕事が好きなんだ」
「そんなことないわよ?ママ、リョウちゃんのことが大好きだもの」
「だったらどうして仕事に行くの?どうして僕をおいて行っちゃうの?」
「どうしてって……困った子ね……」そう言うと、ナミは腕時計を見て立ち上がった。「いけない、もうこんな時間」
 そう言って、歩きだしたナミの手を、僕は寝たまま捕まえた。
「行くなよ」
「放して?遅刻しちゃう。リョウイチも、もう支度しないと遅れるわよ?」
「ナミが行かないなら、僕も行かない」
「バカね、そしたらどうやって食べてくのよ」
「食べ物なんて、いらない」
「もう……いいから、ほら、早く放して」
 そう言って、ナミは部屋を出て行った。僕は一人、部屋に残された。

 次の朝も、次の朝も、僕たちは同じことを繰り返した。あるときは父と一人娘で、またあるときは看守と脱獄犯で。そうしてそれを繰り返しているうち、始めは冗談だったものが、次第に妙な真実味を帯びてきた。僕は本気でナミを引き止め、本気で一人残される苦しみを感じだした。ナミもナミで、僕を置いて行くことに苦悩を覚え始めたようだった。

 そんなある朝のことだ。
 いつものようにナミを引き止めると、ナミは肩を落とし、バッグをおいて「わかったわ。仕事に行くのはやめるわ」と言ってスカーフを首から抜き出した。
 僕は真剣に嬉しかった。
 スカーフを抜いたナミはベッドの僕に覆い被さり、柔らかな唇を押し当てた。ナミは美しい女だった。かわいい女ではなく、きれいな女だった。ナミはその細い手で僕の顔を撫でながら、情熱的に口付けた。ナミの長いまつ毛が、目を閉じたまま、僕の目の前を何度も横切った。ナミの細い耳殻が現われたり消えたりした。そして性交した。


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back