LOGOS for web

プジョーでペリエで
1999木戸隆行
東京アンダーグラウンド誌「SPEAK」2000年4月号 掲載作品

 もうほんっっっと、やってらんない!

 この寒いのに、プジョーの屋根は開いている。住宅の密集する下り坂を、時速120キロで突っ走る。

 無知だの軽薄だの浅はかだの、要するに私が女だから!

 リコの首の青いスカーフが激しくはためく。リコの細い腕がステアーを切る。リコの黒いハイヒールが、アクセルを全開に踏みつける。

 だってそうでしょう?!あんなに私が走り回って作った企画よ?!マーケットも、アポも、スポンサーも、どこにも穴はなかったわ!あいつら、私が女だから、上に行かれちゃ困るのよ!だから裏で手回しして……

 ウィールが叫ぶ。赤信号を突っ切って、左右からクラクションが交差する。迫り来るレンガ塀、フェンス、ガードレール。リコの短いスカートは、腿の間のほんの先端だけがはためいている。

 だから男はだめなのよ!いつもはいがみ合ってるくせに、こういうときだけ仲間意識働かせて、になって、蹴落として、そうしないと一人の女にも対抗できないのよ、弱くて、ずるくて、からっぽだから!

「ああ」見上げると、空は色の薄い青だった。太陽は白くまぶしく、吹き抜ける風は冷たく乾いている。リコがアクセルから足を外した。

 ねえユウジ、男はみんな殺しちゃおう?このままじゃ、世界がだめになっちゃう。戦争も、破壊も、男がいると、なくならないのよ。だから、ね、そうしよう?男はあなただけでいいわ。あなたは権力に無関心だもの。ね、そうしよう?でないと、私が死ななくちゃいけない。私が死なないと……

「ああ」僕はひどく疲れていた。

 どうしてこんなことになってしまったのか?

 僕は最良の小説を書くために生きているはずだった。それがどうだ。僕は自分の編集担当者であるリコに、こうしてプジョーで連れ回されている。
 リコは僕の小説を認めた初めての編集者だった。嬉しかった。人に認められたということはもちろんだが、書くことが仕事になる、つまり、自分の目標を目指すことが、そのまま金銭に繋がる、それが嬉しかった。もう、生活費を稼ぐためだけの時間はいらない、自分のやりたいことだけをやればいい、そのはずだった。

 だが現実は違った。いや、少しずつ食い違って行った。


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back