LOGOS for web

ストッキング
2000木戸隆行
「SPEAK CD MAG 2000」収録 CGムービー原作

 裸にストッキング姿でじゃれていたリーリーとナオが、遊び疲れて俺にアイスコーヒーをいれろと言った。床で絡まり合っている二人の体に、じっとりと汗がにじんでいる。俺はマルセル・ベアリュの『金魚鉢』を読みかけたままアームチェアーを立ち、キッチンの冷蔵庫から紙パックのアイスコーヒーを注いで差し出すと、二人は床から手を伸ばして受け取りながら、今日二人で泊まってあげようか、と言った。二人の唇があいまいに、エロティックに笑った。俺はアームチェアーに戻って本を開いた。
『金魚鉢の中の、この魚とともに本を読むことはできない!』
「ところで、なんでお前らこんな昼間っから俺んちで遊んでんのよ?」
「だって暑くて寝てらんないのよ」ナオが床から背中を起こした。「まったく、なんて暑さよ」とリーリーがうつぶせのまま、俳人のようにつけ加えた。
『たえず、きらめき動く魚のかたを追いかけた私の視線』
「だからって俺んちに来ることないだろうよ?」
「なに言ってんの?だからこそ、来たんじゃない」
『……いらいらしきった私は、ある日、金魚鉢をぶちこわした』
「それともなに?冬はこたつのなかで、夏はエアコンの前で過ごせって言うの?」
『……復讐を確信した私は、その小さな動物をひろい集めた』
「むちゃくちゃな返し方だな」

「ああーっつい」

 リーリーがうつぶせのまま体を伸ばし、扇風機の頭を自分に向けた。リーリーのジーン・セバーグ風の短い髪が風に広がる。きりっとした、少年のような、いやあどけないうぶ毛に縁取られた丸い額が風を受けとめる。俺の目の前に、ある懐かしい映像が思い浮かぶ──扇風機の前を陣取っている俺のそばで、イッセー尾形が演じる風の冴えないサラリーマンが本物の少年のようにはしゃいでいる。両手を前後に激しく振ったり、上下に体を揺すったり、奥からは、お母さん旅行に行ってくるからね、と聞こえる、俺は今度はどこに行くのと聞く、北欧に行くのよ、北欧四ヶ国九日間の旅、財布は台所にあるから、後はお父さんになんとかしてもらいなさい、俺は行ってらっしゃいという自分の声が風でゆらゆらするのを楽しむ。窓から畳に西日が差し込んでいる。セミの声にヒグラシの声が混じる。犬が思い出したように遠吠えをする。おねえちゃーん、帰ってきたのー?──しかし返事はない。
 俺は本に目を戻した。『すると、その動物は私の手のなかで、最後に、あがくようにはね廻った』……


「なんでこんなに暑いんだ?」俺が怒った。


「あんたが騒ぐからこんなに暑くなったのよ」とナオがタバコに火をつけながら、リーリーを冷ややかになじった。するとリーリーはうつぶのまま顔を振り向け、「なに言ってんの?あんたこそこのくそ暑いのにタバコに火なんかつけてるからでしょう?」とナオの口からタバコを勢いよく引き抜いた。白い灰がナオの顔に舞った。
「なにすんのよ!」


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back