LOGOS for web

とにかく書き始めるんだ
2001木戸隆行

 とにかく書き始めるんだ、何だか今日は書けそうだ。渋谷クラブミックスショーがノイズ混じりで流れているなかを僕は書いていた。ここで何かを作り出そうなどと考えまい。とにかく書いていることが今は大事なのだ。何を書くかではなく、書いているか書いていないか、だ。ニューヨーク・パリで好評だったプログラム、DJミックスショーケースが始まった。まずは小気味よいリズムのループ、そして遠い海豹の声と古めかしい、あるいは古くさいエレキピアノの柔らかな音が始まる。いや駄目だ、巧く書こうとするな。何が駄目って、変換するときに理性が働いてしまうのが駄目だ。いや、それだったら、一度平仮名で全部書いてしまって、その後から変換すればいいだけの話だ。ああ変換してしまった。これはクセだ。こんなクセは早いところ縛り上げて空に泳がせなければならない。ああ、アフリカのリズムにホイッスル、いや、これはサンバだ。とにかく書き続けよう。至る所から音が聞こえてくるのは空耳だろうか?なぜなら空耳は空にある耳のことではなく、耳が空だという意味なのに対して、僕はある一輪の赤い花のなかのめしべとおしべを分解しようとする。天の川だと思っていただいて結構。その意味で僕は忠実な星々の下僕なのだ。ああ、巧く書けないなどと思うんじゃない!それはいつもコップの淵からあふれ出るトマトジュースのどろどろとした感じに等しい。ある意味盲目だ。全てはパクられている僕の、いついかなるところでも不埒なアンドレブルトンのような絵を描いたゴッホという画家がいたとすれば、恐らく公園に行く暇もないくらいに部屋に篭もりきりのはずだ。この手法はまさしくシュルレアリスムの初期の方法だろう。だがそれでいい。なにも悪くない。それがそうだとはっきりしてもいないのに何かが悪いなどと考えるから答えもなく口をつぐむ鳥の嘴に目を奪われるのだ。見ろ、外灯は灯る、人の手によって。彼は非自然的な命を燃やし尽くす。僕はどうだ?自然は人工の対義語なのか?いつから?……今この瞬間から。


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back