LOGOS for web

金魚
1999marimos
「SPEAK Internet Division」掲載作品

 1

「私、金魚を食べたコトがあるかもネ。本当に食べたかどうかわかんないんだけどね、2年くらい前に朝起きてパパが飼っている小さな金魚鉢の中の、なんて言ったかな、コチョウランとかいう一匹の金魚を見て、すぐにトイレへ駆け込んでね、便座を上げてオェオェーって便器にしゃがみこんじゃったの。口の中いっぱいに死ぬ程生臭い味が広がってて、金魚を飲み込もうとするけど大きくてそんなコトできるわけないんだけど、無理矢理ごくんってして、喉の奥が少し広がる感覚と、金魚の尻尾がビチビチ舌の上でしてる気持ち悪いったらありゃしない生々しい感触が、吐いても吐いても、つばをこれでもかっていうほど便器に向かって吐いても吐いても消えなかった。もしかして金魚がでてくるかもって右手の中指を喉の奥に突っ込んで、またオエーってしたけど、最後は胃液さえ出なくなっちゃって、でも金魚の味と口の中で跳ねて苦しがってる感覚は、ますますリアルになっていって、気持ち悪さと吐いたのとで涙がポタポタあふれ出して、突っ込んだ中指を見たら唾液に少し血が混ざってピンク色のねばついた透明な液がからみついてて、これ金魚がもう消化されちゃってこんな液体に変わったわけって思った途端意識を失ったみたいで、起きたら病院のベットの上だったのね。ママがすごい心配そうな顔でベッドの右側に立っていて、何も言わずにただ手を握ってくれたの。その時はもう金魚の生臭い味は口の中に残っていなくて、『あっそうだ、金魚は一匹しか飼ってなかったんだ』って気付いて、私、バカだなぁって大笑いしちゃった。喉の奥と胃がちょっと痛かったけどホントに可笑しくて涙が出そうなくらい笑ったんだ。ママはずっと心配そうな顔のまま無言で突っ立ってた。あんなに大笑いってしばらくしてないなぁー。マユは最近、大笑いしちゃったコトなんてある?」
 彼女の、金魚を飲み込んでしまったかも知れないっていう話を、私はこれで17回聞いたことになる。今日は2回目だ。五時間ほど前、私がシャワーから出て化粧水をつけている時に話しはじめた。私は二日、ミカは丸三日眠っていない。十畳のこの私のワンルームにミカは一年ほど前に青山にあるクラブで知り合ってから度々訪れるようになって、そういう時はオチているか逆に恐ろしくハイな時のどちらかだ。


2へ
BBSに感想を書く
back