LOGOS for web

MadarA
1999marimos
「SPEAK Internet Division」掲載作品

 ∞1∞

 わたしは、二度と目覚めません様にと、何度も何度も祈りを捧げ、一体誰に何に祈っているのだろうと考え始める頃、眠りにつくようだ。また今日も目覚めてしまった自分にあきれてしまう。
 毎朝10:00に目を覚まし、シャワーを浴びてミネラルウォーターを飲み、メイクはせずに髪だけはドライヤーでていねいに乾かしStussyのキャップを深くかぶり、何も持たずに図書館へと向かう。どれくらい、この行動を繰り返しているのか、思い出そうとするが、いつも疲れて途中でやめてしまう。
 坂を登り切り、木々で鬱蒼とした公園内を少し歩くと、その図書館にたどり着く。そういえば、蝉の鳴き声がしない事に昨日も気づいた。土や草の青臭さも幾分弱まったように思える。もう何度もそう感じた気がする。
 一度でいいのに……
 わたしは呟く。


 ∞2∞

 哲学書、心理学の本が整然と並べられた3階へ行く。5階に食堂や喫煙室などがあるが、それ以外のフロアの事は忘れてしまった。いつもように窓際の公園内を見下ろせる机に座る。わたしは、ここに来たからといって必ず本を読むわけでもなく、ただぼんやりすることも多い。窓の下に広がる緑たちを眺めていたり、本にのめり込む人達を観察したり、自分の手の平のしわを何時間も見続けてみたり、目的など決めているわけではない。この場所に集まる人々は自分の目的に忠実に集中しているので、わたしがどれだけの時間を手の平のしわにさいていても、気にも留めないし、留めたとしてもすぐに手元の本に神経を戻していく。
 わたしはある夢を見るようになってから、ここへ毎日通うようになった。母猫が産まれたばかりの自分の仔を、ランランとした瞳をしながら、バキバキと音を立てて食べてしまう夢を2、3日置きくらいに見る。バキバキと細い骨が親猫の口の中で砕ける音は、目覚めてからも耳の後ろ辺りにこびりついて、なかなか離れない。誰かにその話をすると、『猫は、自分の産んだ仔に人間の匂いなんかがついていると、危険を感じて、取られるくらいならって、喰べてしまうらしいよ』


3へ
BBSに感想を書く
back