LOGOS for web

マリア
2009Dorothy

 僕がドアを開けると『拷問係』が泣いていた。

「何故仕事を完遂しない?」
「私には出来ません、あの女はマリア様なんです」

 僕は舌打ちをして部屋に入った。
 有機的な臭いが鼻を突く汚いコンクリートの部屋。窓はない。
 女『水銀』は笑っていた。聖母の慈悲の微笑み。薄気味悪い女だ。

「君がレジスタントであることを認めたら、すぐ天国に連れて行けるんだけどな」
「可哀相な兵隊さん」
「俺はこれで飯を食ってるんだよ」

 僕は電気の通う警棒を、女の痣だらけの肩に押し付けた。
 拘束された女の体は衝撃で跳ね上がった。女の尿が堅い椅子を滑り落ちる。
 女は微笑んでいる。
 全くやりにくい仕事が回ってきたものだ。

「どうやら『自白』する気はないみたいだね。君は助かりたいのかい?」
「良いのよ、あなたたちはあなたたちの仕事をしなさい」

 僕は煙草に火をつけた。
 こいつは早く殺してしまうに限ると誰かが耳元で囁いた。

「そうさせてもらおうかな、拷問のあげく死に至ったとしても、自白が得られなくとも僕は仕事をしたことになる」
「あたしは誰も憎まないわ。あなたたちの罪は全てあたしが許すの」

 僕はこめかみが脈打つ音を確かに聴いた。

「許す!! 許すだって?!」

 僕は大声で笑った。
 拷問の代わりに強姦に屈した女を嘲笑う幹部(僕はその男を心底軽蔑している)よりも下品な笑いだったに違いない。

 女は初めて不思議そうな顔をした。
 釘を打たれたあと剥がされた爪、腫れて塞がった片目、犯された性器と肛門。
 それらにふさわしからぬあどけない疑問符。

「君が僕を許すだって?」

 僕はまだ笑いがおさまらない酸欠の肺から問いかけた。

「そうよ、だからあなたが罪悪感を感じる必要はないわ。あたしを傷つけることがあなたたちの仕事なんだから」

 なるほど、新兵には荷が重いわけだ。
 銃殺の夜、悪夢にうなされるガキにこの女は殺せないだろう。

 僕は短くなった煙草を女の開いている方の眼に押し付けた。
 女は妙な声を出して痙攣したが、また薄い笑みをたたえて云った。


2へ
BBSに感想を書く
back