LOGOS for web

どこから来てどこへ行くのか、いやつまらない
2001木戸隆行

 文字を見つめる、文字を見つめる文字を見つめる、後から突き刺される後から突き刺される、どこから来てどこへ行くのか、いやつまらない、裏側、裏窓、裏通り、路地。路地裏?路地の、裏?表、矢面、巧み、功夫、つるはし、炭鉱。船乗り、航路、マダガスカルの鳥、色とりどり、真正面、受ける、矢面、受けて立つ、受けて立つ。後から突き刺される、受けて立つ、突き刺され、後から突き刺され、それを受けて立つ。
 電車が遠くで通り過ぎる、遠くで?遠くで『通り過ぎる』?乗りたい?乗らない、乗りたいかどうか分からないが、乗らない。
 ある白昼に転がされた紙屑、白い、真っ白な、くちゃくちゃに丸められた、くちゃくちゃに『丸められた』?紙屑。転がり落ちて行く。緩やかな、真っすぐに下りていく坂道を、弾みながら、弾みながら、転がり落ちて行く。転げ落ちて行く?転げ落ちて行く。日のよくあたる道を。路地を。路地裏を。
 あるときは風に、風に、


 読み飛ばし。


 現実に関係するところの言葉なり意味。十分に表現された、あるこうあるべき。ためらいへのためらい。後ろめたさとうしろだて。後から突き刺される。受けて立つ。画家の文章、音楽家の文章、詩人の文章、批評文。批評家。十分に意味の理解できる文、十分に理解できない感性。分かる=分ける。意味の理解できる=意味の分かる、意味の分かる=他の似ているが微妙に意味の違う意味とその意味を分けることのできる、
 階段、上れるがただそこに収納されるためだけに壁に立てかけられているハシゴ、上れるが上らない梯子。


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back