LOGOS for web


2000木戸隆行
東京アンダーグラウンド誌「SPEAK」2000年8月号 掲載作品

「つまりあなたは向かい合う二枚の絵画と絵画とのあいだをさまよっている画家(詩人、写真家、音楽家、何でもかまいません)にすぎないのです。やや間があって、汚れた大地が盛り上がるでしょう。その裂け目の赤い光に向かって歩くのです。ベージュのバックスキンの靴を履いて近づけば怪しまれることはありません。難なくたどり着いたいびつな裂目でひと呼吸入れ、ただちに身を投げ入れるのです」
「そんなことはできない。見違えるほど美しくなるかもしれない隣部屋の子供たちを残して行くことはできない。ゴツゴツしたガラス玉の転がる子供部屋で一瞬さした強烈な光がいつまでも目に残っているんだ、まるで目覚めた一日を支配する夢のように。その夢のなかで僕は生きているに違いない。これは夢だ、これは夢なんだ!」
「それならそのように生きて行きなさい。目覚めることのできない夢のなかで、シーツのなかを、唇を求めて体をのぼっていくような日々を送りなさい。あの人はかの宣言で示しました──

   奥さま、
   一足の
   絹の靴下は
   ありません(1)」

「どうしてなんだ……」
 俺は目をさました。半開きの窓でカーテンが揺れていた。枕もとからタバコを取り出して火をつけると、通り向かいのアパートの窓が開いた。赤毛の少女だった。俺は再びベッドに寝転び、天井に流れていく煙を眺めた。煙は窓からの風に腰を吹き飛ばされながら昇って行った。

 まるで君自身だよ!……俺のなかの誰かが言った。

 アパートの下の通りから少年たちの声が聞こえていた。俺はベッドを起き、コーヒーを入れて戻ると、もういつだったか思いだせないほど昔にジルが忘れていったストッキングのつま先が、ベッドの下からはみ出しているのに気がついた。コーヒーで一息入れ、ベッドの下に手を差し込むと、色々なものが指先に当たった。吸いかけのタバコの箱、靴下、10セント硬貨、誰のかわからないピアス、そして手紙……手紙はなんてことはない、友人からのものだった。文面には

「お前にはまんまとだまされたよ、
 まあ信じてもいなかったがな」

 と書かれてあった。
 俺はまたベッドに横たわった。通りからまだ声が聞こえている。隣部屋の少年だろうか?聞き慣れた声が「Moi,Si.Moi,Si」と繰り返している。なにが「Moi,Si」なのだろう?ベッドから窓辺へ起きようとすると、枕もとで電話が鳴った。友人のG……からだった。


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back