LOGOS for web

白い布
2002木戸隆行
東京アンダーグラウンド誌「SPEAK」2005年11月号 掲載作品

 角を曲がると少女が道に倒れていた。この暑さだ、倒れる者がいても不思議ではない。そう思って助けようとしたが、少女の着ているドレスの白とアスファルトの黒とのコントラストがあまりに美しいので、その場に立ち尽くしてしまった。ビルの谷間のありふれた道に、まるで白いドレスだけがふんわりと置かれているようなのだ。まるで、家族の出払ったリビングで初めて目にした、姉のウェディングドレスのように。

 ドレスの表面で幾層ものフリルが微かに風にそよいでいる。

 しばらくそれに見とれてしまってから、ふと我に返って助けようとすると、少女の頭が反対を向いた。おや、と思って近付くと、目は閉じられているものの、どうやら気を失っているふうではない。少女のそばにしゃがみ込んで「何してるの?」と問いかけると、少女は目を閉じたまま「地球を感じてるの」と答えた。見ると、頬が砂にまみれていた。
 僕は少女の隣で同じようにうつ伏せで横たわると、頬を路面に下ろした。ザラザラとした砂粒の感触、それと、温かいアスファルトの路面。砂粒は大小様々で、大きなものは僅かに痛みを与える。なつかしい感触だ。小さいころ、転んでそのまま起きないことに決めた午後に味わった感触。仲良し3人で寝転んだ、深夜の公園で感じた感触。遠い未来などなかったし、些細な計画もいらなかった。ただ何秒後かの未来と、でたらめに抜き出された美しい過去だけ、それだけで良かった。あらゆる現実感と現実は、手の届かない距離で、まるで自分たちで作り出した悪い冗談のように渦巻いていた。
 少女に頭を向けると、少女の両目は閉じられていた。微かにそよぐ黒髪。浅黒い肌の、まだ目鼻も曖昧なあどけない顔。「おじさん、兄弟いる?」と問いかける幼い口。
「いるよ」
「弟?」
「ううん、おねえちゃんがひとりだけだよ」
「ふうーん」
「君は?」──
 少女は答えなかった。ちいさな鼻を指でかくと、向こうに顔を向けてしまった。砂埃にまみれた少女のおさげが僕の目の前に投げ出された。


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back