LOGOS for web

ツアーバス
2004木戸隆行
東京アンダーグラウンド誌「SPEAK」2006年5月号 掲載作品

 そこにはいくつか注意書きがあって、なかでも特に目を引いたのは「あなたの知っていることをあなたが知らない、ということはない」という警告だった。僕はあまりにもその29文字を真に受けて考えたため、背中を通り過ぎるバス2台分の観光客から、すっかりこの言葉を隠してしまった。今になって思うことだが、このときの僕は少しおかしかったのかもしれない。見ず知らずの観光客の隊列に紛れ込み、得体の知れないツアーガイドの話を聞き、目と目が合ったばかりの夫婦と共に写真に収まった。くたびれたポロシャツを着た、小太りな夫婦だった。僕たちは一瞬にして旧知の友となって肩を組み、一瞬にして見知らぬ警戒すべき隣人となった。僕はあるいは彼らの高級感漂うサングラスにそそのかされたのかもしれない、いや、こう言っては失礼だが、彼らの褒めそやすべき何ものかがきっと僕に与えられ、しかるのちに葬られることを予感したのかもしれない。だが、あらゆる期待に満ちた予感がそうであるように、この予感もまた単に執拗に編み込まれた幼年期の柔らかい髪の言い換えにすぎなかったし、言い換えもまた、頑として開かない少年の小さな拳に握られた犯された禁則にすぎなかった。僕はその拳を、小さな白い拳を僕の手のひらにのせ、美しく鑑賞した。実に柔らかそうで、それでいて、頑な意志のこもったその果実を。そしてライチのようにその果皮をつるんと剥くと、冷え冷えとした瑞々しい果肉を奥歯の隅で味わうのだった。
 少年はこう告白した──僕じゃないよ、僕のなかの知らない何かが僕にこんなことをさせたんだ。
 僕は少年に即答した。「君のなかの知らない何かとは、まさしく君自身のことだよ」


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back