LOGOS for web

鉄格子
2000木戸隆行
「SPEAK CD MAG 2000」収録 CGムービー原作

 僕たちが向かったのは鉄格子のなかに違いない。それはむやみに暑い夜のさなかだった。月は月食のため満月から新月まですべてを見せていたし、僕たちもまた何も隠すものがなかった。すべて……そう、僕たちは、自らの胸と背中とを同時に夜に顕わしたのだ。ただ、僕たちは果たして真実から言葉を生み出しているのか、それとも言葉から真実を作り上げているのか、いまだに分からないままだった。枯れた巨木に繋がれたいたいけな少女たちがぐるぐるとその周囲を廻りつづけていたし、また、一瞬にして百年が過ぎたために、都営の団地はボロボロの単なるコンクリートのかたまりと化してしまったからだ。だがそこは新たなる野鳥たちの住みかだった。カラスはもちろんのこと、シジュウカラやツグミがそのなかで社会的階層(ヒエラルキー)を形成し、棲み分けていた。その一方で、竹で作られた家々は守られた。おびただしい数の人間たちがその周囲を取り囲み、今まさに土台から持ち上げるところだ。だが、人々の顔は単なる灰色の球体でしかない。服を着て(僕たちはもちろん裸だった)近くのスーパーまで行こうとすると、ビルの隙間の日陰から痩せた猫が僕たちを振り返って見ていた。メス猫だった。それは見せ付けている生殖器で分かった。メス猫は生殖器の横から僕たちをじっと見ていた。じっと、じっと、じっと。そのすぐ後だった、僕たちが人間だと気が付いたのは。二階構成のスーパーの、繋いでいるその階段を、老人が一段ずつ慎重に下りてきた横を抜け、僕たちは二段ずつ上がって行くのだった。冷凍庫のガラス戸を開け、血眼でハーゲンダッツを買い占めた後、レジ待ちの行列のさなかでそれをことごとく解かすのだった。僕たちは何をしているのだろう?日々このような青空の下、軍人のように水面下に身をひそめ、自衛官とは軍人に他ならないのに、その類いの表明は身の安全から努めて無関心を装っているのに、しかも職業軍人であり、すると職業軍人ではない軍人とはなにか、その仮想敵国とはなにかという問題を日々抱えているような気分になる。また、夕日の差し込む疲労した部屋の隅に差された小さな一本のバラの、あの真剣に演じるもののイメージを手づかみにしたいと熱望したり、香港の街角に聳え建つあの古びたビルを夢見たりする。腰をくねらせて踊りながら、ダンサー・モアは架空の赤い帯の上を歩いてきたし、その横から、ニジマスがアーチを描いて飛び出していた。もちろんその尾びれの先から虹を伸ばして。


2へ
BBSに感想を書く
著者へメール
寄付
back